技術向上を図る場合に選ぶ職場

 現場で働くからには、看護師として技術を向上させたいと高い志を持っている人は多いのではないでしょうか。しかし、そのためには自分の努力だけではなく、職場の選択もポイントになります。介護付きマンションや老人ホームといった介護施設よりは医療機関、その中でも慢性期ではなく急性期の医療機関を選ぶ方がいいでしょう。一般的に患者が利用する医療機関は規模に違いがあり、医療内容にも違いがあります。主に、慢性期病院と急性期病院の2種類に分かれることが多いです。

 慢性期は主に長期の入院患者を受けれるところで、仕事内容はバイタルチェックをはじめ同じような内容の繰り返しになります。一方、急性期の方は、緊急の病人や怪我人が運ばれてきて、より高度な医療を提供する現場となります。そのため、看護技術の向上を目指す場合は、急性期病院がおすすめです。急性期病院は多くの症例に接する機会があり、研修などが充実しているところが多いので、働きながら学ぶことができます。

 ただし、常に忙しく残業も少なくないので、その覚悟はしなければいけません。また、急性期病院で看護技術の向上を図るためには、高度な医療に見合ったスキルを自主的に身に着ける必要もあります。急性期病院で働くということには、技術向上というメリットとハードであるというデメリットの両方があります。しかし、その両方を理解した上で努力をすれば、看護師として大きく成長することができるでしょう。